ねこバタ会議

スマホアプリ制作に関するブログです。

アプリレビューサイト「アプリの輪」様にレビューが掲載されました。

sc


現在データベース上書きのため復旧中ということですが、管理人様が熱い想いでアプリをレビューされているサイト様です。

色々なサイト様にレビュー依頼をお願いしているのですが、ほとんどまったく全然これっぽっちも反応がないのが現状です。
多分今までに数十通は送ったのですが…アプリ開発よりもメールを送ってるほうが長いんじゃないかという気も…。
見た目が地味なせいか…タイトルがいけてないのか…そもそもゲームがショボいからか…と考えていると鬱になってきますね!

そんな中、あぷりの輪様には快く引き受けて頂いて、本当に感謝感謝です。

熱い想いでレビューというフレーズに偽りなく、とても丁寧にレビューしていただいたので、よかったぜひあぷりの輪様でご覧ください!
ちなみにレビュー冒頭に出てくる特打は、私もWindows 95の頃によくやりました。
たしかガンマンのゲームだったと思います。懐かしい…。

アプリ紹介/Iphon/タイピングRPG/ワーズ・アンド・マジック

以下のバグを修正したバージョンを、AppStoreに送信しました。
アプリがクラッシュするバグが含まれていたため、優先審査を受けられるように依頼していますが、受けられるかどうかはまだわかりません。

・アイテム売買時の各種不具合
・ハードモード時に石像の洞窟で落ちる件
・50レベルを超えたキャラクタがスキルを6つ装備できてしまい、クエストからの帰還時に落ちる件

また、以下の調整を行いました。
・レベルアップ時の経験値を持ち越しにしました。
・クエストで得られる経験値とお金を増やしました。
・敵のガード確率を若干低下させました。
・サブウエポンを若干強くしました。

以下は新機能です。
・クエスト結果をツイートできるようにしました。 
ツイートすると、24時間の間経験値とお金にボーナスがつきます。

バグにより正常に遊べない状態になっており、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんm(__)m
なお、今回はあくまでもバグの修正が目的のため、以前に書いた新機能(ローマ字入力への対応等)は実装できていませんのでよろしくご理解ください。

優先審査がうけられるといいのですが…。

ワーズ・アンド・マジックに登場するアイテムには、特殊な効果を持っているものがあります。
というか、ある程度進むと特殊な効果を持っているものばかりになります。

この効果はランダムで決まるのですが、効果にもランクがあり、ステージが進むにつれて効果が強力になっていきます。
効果は複数重なる場合もあり、そのランクによってアイテムの色が変化していきます。
以下の「輝ける剛力のオーブ」は水色になっていますね。

写真 2014-10-19 8 13 03


ただ、今回失敗したかなと思うのは、クリアまでに割と時間がかかってしまうため、ほとんどの人はそこまでやりこんでもらえずにやめてしまうということです。
レベルアップと出現するアイテムのランクを調整する必要がありそうですね。

ちなみに、ステージが進むとアイテムの名前はどんどん変な方向になっていきます。

wam_item
 
変な名前のアイテムが見つかったら教えてもらえると嬉しいです(^-^)/ 

アイテム売買時にアイテムの表示がおかしくなったり、アイテムの数が減らない件について修正を行いました。
おそらく10日以内にご利用いただけるようになると思います。
他の追加点は以下の通りです。
・敵のガード確率を若干低下させました。 
・クエスト結果をツイートできるようにしました。
 
現バージョンでアイテムを売却する場合は倉庫/鍛冶からではなく、「アイテムを売る」ボタンをご利用ください。

今後の予定についてですが、とりあえずiOS版については大きなバグが見つかった場合以外の変更や調整を一旦停止し、Android版への移植への作業をメインに行います。

できるだけ早めに完成させて、iOS版とともに仕様変更や調整を行えるように努力いたしますので、どうぞよろしくご理解くださいm(__)m

Thank you for downloading my app 'Words & Magic'.
And I'm sorry for crashing app when enter the battle.

Fixed version is available on AppStore.
If you have any question about the game, send me twitter DM.

Sorry for inconvenience, and thank you for patience.

Best regards,
Nekobata-kaigi 

↑このページのトップヘ