ねこバタ会議

スマホアプリ制作に関するブログです。

アクセス数が増えてビビりました。
このブログは基本的に私のみ、それ以外は多くて1日3人くらいしか来ないブログなのですが、昨日はPV数が100くらいになっていました。

最初は誰かがいたずらしてるんだろうかと思っていたら、どうやら2ちゃんで相談したスレッドが、IT速報様に載ったようですね汗
よく読んでいるブログ様なので、チビりました。ヒュンヒュンしました。
思わずiPhoneでスクリーンショットを何枚も撮ってしまいました。
多分数日で元の状態になるとは思いますが、記事をご覧いただいてDLしていただいた方々、地味なゲームで本当に申し訳ありませんm(__)m

さて、バグを訂正したバージョンをAppStoreに送信しました。
優先審査を申請しましたが、アイテムの売却処理が正しくないというような程度だと、優先審査を受けるのは難しいかもしれません。

なお、昨日の記事で書いた点以外に、スカウトのスキルのうち2つのスキルをタップすると落ちるという不具合が見つかりました。
ご報告頂けて感謝感謝ですm(__)m

バグ修正以外での主な変更点は以下の通りです。
・レベルを上がりやすくしました。
・通常の戦闘(タイピング戦闘)時に、単語をある程度連続して入力できるようにしました。
・それに合わせて敵の攻撃スピードを若干早めました。
・クエスト中にオートバトルを有効にするかどうかを選択できるようにしました。

自分でプレイした感じだと、味方の攻撃機会が増えたため、タイピングでの戦闘はかなり簡単になった感じがします。
ただ、後半ステージではパーティが全滅したので、まあいいのかなという感じです。 

写真 2014-10-14 9 52 30

…そして今スクリーンショットを取るときに気づきましたが、オートバトルの切り替えが出たり出なかったりします…
クエスト内イベント(お金を拾ったり)が発生すると表示されませんが、通常の時は表示されます。大きな問題ではないので将来バージョンで修正します。

ヘルプに書いていないことやバグが幾つかあるので、書いていきたいと思います。

アイテム買い戻したら所持金がマイナスになった!
すみません、買戻しの料金の処理が間違っていました。買戻しをしないようにしてください。

売却した品物を買戻しをするとアイテムが増える
バグです。見た目だけ増えたように見えますが、実際にはアイテム枠を無駄に消費するだけなので、買戻しをなるべくしないようにしてくださいm(__)m

オートモード中にコンボが発動すると、味方キャラのタイムラインがリセットされる
次バージョンで修正されますm(__)m

2人目以降のキャラが全然スキルを覚えない
バグです。クエストを完了して戻る際に、OKボタンで戻るのではなく、スキル経験値アップ画面を適当にタッチしてみてください

スキルは1つしか装備できないの?
レベルアップすると装備スロットが増えていきます。
スキルレベルが上がると新しいスキルを覚える場合があります。

スカウトの援護射撃がゴミダメなんだけど
バグです。次のバージョンで修正されますm(__)m

ステージはどれくらいあるの?
そんなに多くはありませんが、それなりに長く遊べるようには作っているつもりです。

ローマ字打ちはできないの? 

今のバージョンはかなキーボードのみ対応していますが、今後のバージョンで対応予定です。
なお、英語モードの場合は英字キーボード以外にBluetoothキーボードでも入力できます。

戦闘に入ると落ちる
今のところ原因がわかっていませんが、メモリが足りなくなっている可能性があります。
バックグラウンドにたまっているアプリを終了してみるといいかもしれません。

アイテムを売ろうとしてもボタンの色が変わるだけで売れない
売りたいものを選択した状態で、一番下にある売却するボタンを押してください。

スキルのレベルが上がっても効果がわからない
例えば魔法使いのマジックミサイル等のアクティブスキルの場合は、威力がアップします。
ガードや逃げ足などのパッシブスキルの場合は、発動する確率がアップします。

中ボスが強すぎて進めない
最初から支給されている装備がいくつかあるので、装備してから進んでみてください。
また、経験値がたまったら無理せず一旦引き返してレベルアップするのがいいかもしれません。




あとで思いついたらまた書き足していきたいと思います。

AppStoreにバグ修正版を送信しようとしたら、This bundle is invalid.と表示されて送信できませんでした。

どうやら、MacのOSをYosemiteにした際に、何も考えずにXcodeもインストールしていて、それがベータ版だったようです。
とりあえずXcodeをアンインストールしてAppStoreから再インストールしました。

今度こそ…と思ったのですが、今度はビルド時に以下のような感じのエラーが出てしまってビルドできません。

fatal error: file 'ファイルパス' has been modified since the 
precompiled header 'ファイルパス' was built

ちょっと調べたところクリーンしてからビルドすれば直ると書いているブログが多かったのでやってみましたが、やはりエラーが出てしまいます。
 
困り果てていたのですが、やっぱりstackoverflowにありました。

Error: system file has been modified since precompiled header was built : stackoverflow

どうやら、以前のXcodeでビルドした際のキャッシュが残ってしまっているのが原因だそうです。

ということで、以下の場所にあるキャッシュを削除します。

~/Library/Developer/Xcode/DerivedData/ModuleCache

ちなみにFinderでユーザーディレクトリ内のライブラリディレクトリを開くためには、Optionを押しながら移動を選択すればいいそうです。
これも今回初めて知りました。
今まではターミナルでcd /Users/ユーザ名/Libraryみたいな感じで操作していたので、だいぶ楽になりました。

該当ディレクトリにあるキャッシュファイルを全て削除してビルドしたところ、無事に送信することが出来ました。

なお、新たにcrashlytics を導入することにしました。
アプリがクラッシュした時の情報を確認できるサービスで、これでバグの確認も捗りそうです。

導入方法についてはまた別途記事にしたいと思います。

2ちゃんにスレッドを立てて、実際に遊んでもらって意見を伺ってみました。

正直叩かれることを覚悟していたのですが、とても親切な方が多く、貴重な意見をいただきました。
 
判明したバグ・不具合については以下の通りです。

・iOS7.1で戦闘モードに入ると落ちる場合がある。また、英語モードで戦闘に入ると落ちる。
→原因がわかっていませんが、海外の方からも戦闘に入ると落ちるという報告が入っています。
今後調査して対応したいと思います。

・オートモードでのコンボ発動時に各キャラクタのタイムライン位置がリセットされる
→プログラミングミスです。完全に確認不足でした。

・スキルを習得できない場合がある。
→プログラミングミスでした。スキル経験値加算の画面で「街へ戻る」ボタンを押すのではなく、適当なところをタッチしてみてください(画像参照)

写真 2014-10-12 23 49 18

次回は、今回いただいたご意見を参考にして、今後実装予定または実装できたらいいなという機能について書きたいと思います。

Words & Magic のAndroid版を作成中ですが、開発用のマシンが壊れてしまいバタバタしていました。

ようやく新しい環境が整ったので再開できますが、これを機に開発環境をEclipseからAndroid Studioに移行することにしました。
Eclipseは機能も充実していて、ネット上に公開されているノウハウも豊富なのですが、予測候補表示がカスタマイズ後もやはりちょっと使いづらいので、思いきって変更することにしました。

とりあえず懸念となっていた予測候補表示は非常に快適です。
他の部分のメリットはあまりよくわかりません。

ただ、 ビルドしようとしたら以下のエラーが出てしまいました。

Manifest merger failed : uses-sdk:minSdkVersion 14 cannot be smaller than version L declared in library com.android.support:support-v4:21.0.0-rc1

何を言っているのかさっぱりわからないのでググると、おなじみのstackoverflowのトピックが見つかりました。

Manifest merger failed : uses-sdk:minSdkVersion 14 : stackoverflow

どうやらサポートライブラリのバグ?のようです。
ということで、上記のトピックに書いてあった方法を試してみたところ、正常にビルドできるようになりました。

app/build.gradle内のdependenciesにある、
compile 'com.android.support:support-v4:+'
の部分を以下のように変更します。
compile 'com.android.support:support-v4:20.+'

おそらく、最初の設定だとサポートライブラリの最新版が入るようになっているのですが、テスト版でバグがあるんじゃないかなあと想像します。

バージョン21の安定版が出たら設定を戻したほうがいいのかもしれません。 

↑このページのトップヘ