ねこバタ会議

スマホアプリ制作に関するブログです。

2014年12月

今年ももう終わろうとしていますね。

今年は初めてアプリをリリースしたわけですが、私にとっては多くの方から評価やTwitter、メール等で感想をいただけたのは本当に嬉しいことでした。

特にTwitterは今までほとんど使ったことがありませんでしたが、ユーザーの方や他の開発者の方とコミュニケーションをとることができて、とてもありがたく思っています。

来年は自分が作りたいと思っているものをどんどん形にできたらいいなと思っています。

と、ここで嬉しいニュースが。
ゲームキャスト様のインディーズゲームベスト10から漏れた作品として、ワーズ・アンド・マジックが取り上げられていました!

尖りすぎ、一発ネタ過ぎ。2014年iOSインディーゲームベストから漏れた作品集。 : ゲームキャスト

最後の最後に本当に嬉しいニュースでした!

それでは皆さん、良いお年を!!
 

今日は『海月姫』という映画を観てきました。

『ママはテンパリスト』の東村アキコ原作の漫画を映画化したもので、オタク女子が集まるアパート(というか下宿屋)を舞台にしたコメディです。
能年玲奈演じる主人公はクラゲオタクなので海月姫というわけですね。
ひたすら自分に自信のないオタク女という割には能年玲奈は可愛すぎるだろうという、ある意味お約束なつっこみどころは置いておくとして、何も考えずに楽しめる、面白い作品で満足でした。

ごく稀にしか出かけない私には貴重な機会なので本屋さんに行って以下の本を買いました。
特にタッチパネルの~の方は中身が濃そうで面白そうです。
ユニティちゃんは、C#についてもUnityについてもろくにわかっていないので、とりあえず入門用というわけで買いました。
そんな風に買った入門用の書籍が私の部屋には溢れていますが。
それにしてもコンピュータ関連の書籍は高いですね。
財政事情がかなり厳しい年の瀬です。






先日に引き続き、開発中の画面を。
攻撃範囲等の実験をしました。
次はとりあえずメニュー画面の作成と画面遷移(タイトル→ゲーム画面等のシーンの切り替えですね)を作っていきたいところです。
早めにUnityに慣れなくては…。

sc1

新しいゲームを作るため、Unityで色々挑戦しています。

前にUnityでつくろうとした時もそうだったのですが、文字やHPバー、ラベル等のGUIが個人的にかなり扱いづらくて苦労しています。
特に最近のバージョンではGUI関係がuGUIというものに変わって、以前に比べて扱いやすくなったようなのですが、その分以前の仕様で書かれた説明だと上手くいかなかったりで、かなり難しく感じます。

私の場合は画面構成も全部コードで書いていくのを基本としていたので、Corona SDKの方が感覚的にはやりやすいのですが、何事も勉強というわけでがんばっています。

ダメージのポップアップがこんなに難しいと思ったのは初めてです。
皆よく出来るなあと感心します。

とりあえず多数のオブジェクトを生成して、ダメージ用のテキストを表示して爆発時のエフェクトをつけるのは出来ました。
ここから頑張ってサクサク作れる用になりたいところです。

ちなみに画面のキャラクタはUnity公式キャラクターのUnityちゃんを使っていますが、アニメーションの練習を兼ねて使用したものなので、実際のゲームに登場することはありません。

Screenshot_2014-12-29-17-24-19


ついでにワーズ・アンド・マジックの試作時の画面を載せておきましょう。

 37

この時はシミュレーションRPGとしてつくろうと思っていたのでした。

こちらは、TapNums!を出した直後に、暗算トレーニングRPGにしようかと思って考えた時の画像。
こう考えると本当に迷走していますね。

ゲーム画面


ついでにもう一つ、タイピングで行こうと決心したときに作った画面アイデア。
だいぶ本物に近いものになっていますが、パーティーは4人になっています。

sc1
 

現在新しいゲームのアイデアを練りに練っております。
ねるねるねるねくらい練ってます。
でも練っている最中にふと我にかえって「これ、本当に面白いのか」とか考えだすと、底知れぬ闇に落ちていく、そんな気分の今日このごろです。

そんな時は気分転換に「ワーズ・アンド・マジック」でけんさくけんさくしているのですが、なんと新しい記事がヒットするではありませんか!
本当にありがたいことですm(__)m

という わけで、荒ぶる者たちのゲームプレイ日記「微糖勇者」様にご紹介いただきました!!

荒ぶる者たち

【ワーズ・アンド・マジック】言葉はいらないとよく言うけれど【Android】:荒ぶる者たちのゲームプレイ日記「微糖勇者」

微糖勇者様は加糖(加東)くんと無糖(武藤)さんというオリキャラ二人の掛け合いで実況風に進行していく、ゲームプレイ日記です。
その名前の通り、加糖くんはちょっと甘め、無糖さんはちょっとイケイケな感じで、掛け合いが面白いです。
ついつい他の記事も読んでしまいました(私もまじかるフリックは適当にやったほうがずっと点数が高かったです)。
まだ開設されてそれほど長くないブログのようですが、これは楽しみですね!
ちなみに、文中に出てくる「ヴィイ」はwiiではありません!笑 ロシアの民話に登場する吸血鬼のような化け物です。さすがおそろしあ。

あと、ゲーム画面以外に時々二人のイラストなども添えられているのですが、可愛くて面白いです。
もっとたくさん見たいですね。
私は絵が描けないので、羨ましい限りです。
ちなみに一番最近描いたのはこれだと思います。

03f367ec-s

ワーズ・アンド・マジックの次のゲームのためのアイデアを練っているところです。

今までにいくつか試作したものもあるのですが、次のゲームはそれらとは別なものにしようと思っています。
大まかなアイデアは思いついたので、今度はどうやってゲームとして面白いものにするかということを考えつつ、画面デザイン(レイアウト)なども練っていきます。

断片的なアイデアをまとめて、一つにしていくという作業は、ゲームを作っている中でもかなり楽しい部分だと思います。
一番嬉しいのは完成して遊んでもらえる時ですが、こうしてアイデアを自由に練っているときは夢が広がります。

ワーズ・アンド・マジックは正直ターゲットがかなりニッチというか、ある程度ゲームが好きな人、中でも昔ながらのRPGが好きな人で、タイピングにもあまり抵抗がない人をメインにしていたので、あまり多くの方にアピールできるような作品ではありませんでした。

今度のゲームは、もうちょっと多くの方に楽しんでいただけるものになる予定です。
とはいえ、私にとっては私自身が面白いと思えないものは作れないので、きちんと遊べるものにしたいと思っています!

がんばるぞ!!
 

↑このページのトップヘ