ねこバタ会議

スマホアプリ制作に関するブログです。

カテゴリ: 漫画

オープニングは基本的な骨格が出来たので、とりあえず置いておくとして、次はメニュー画面を考えていきます。

どんな機能があるのか、どこに配置するのか、どんなデザインにするのかということで、ゲームの作成においてとても重要な役割を果たしていると思います。
私の場合は詳しい仕様書を決めてから作るということはできないので、ノートに下書きをして大まかなレイアウトや機能を決めて、Photoshopでイメージを具体化したゲーム画面を作り、その画面の通りになるようにプログラムを組んでいくという方法で作っています。

ゲーム画面の画像編集ができたら、スマホでそれを見て、画面をなぞったりタップしたり、「バシュッ!」「バキューン」などど効果音を口ずさみながら作成することが多いです。
そうやって妄想でプレイして思いついたことや、こうしたら便利かなという部分を追加・修正していきます。

ただ、その最中の様子を人に見られると色々やばそうな気がしますが…。

妄想プレイ

内容に絡んだものを作成してみましたが、いちいち漫画にするのは楽しいけど時間がかかってしまうので、今後はあまりやらないと思います。
 
電子マネー

コミPo!で作ったものはTwitterにもアップしていく予定です。

前回の記事によって、私のアーティスティックな感性の高さをご理解いただけたことと思います。

ま、率直にいって絵心というのものは私にはありません。
小学生の時には学校の先生に「そんな汚い色使っちゃだめでしょ!!」と叱られることもありました。

ゲームを作る上ではビジュアル的な要素はかなり大切なので、出来れば自作でカバーしたいところなのですが(自分の中での作品のイメージもありますし)、練習してもあまり上達しないことはわかっているので、そこにあてる時間を別の作業にあてたほうがいいかな、と思っています。

そんなわけで悩んでいたところ、コミPo!というものが出ているのを知りました。
これは漫画を作成するためのソフトで、3Dのモデルや背景画像等を配置していくことで、漫画が作成できるというものです。
なんと便利な世の中になったものですね。
びっくりです。

こんな感じで作ることが出来ます。

 コミポ画面

制作した漫画やイラストは商用利用も可能で、本やサイト、ゲーム等に自由に使用することが出来ます。
素晴らしいですね。
公式サイトで体験版も配布されているので、興味のある方はインストールしてみるといいかもしれません!
無料体験版で作成した漫画も、ウェブサイトで公開することが可能です。

そんなわけで、私も作ってみました。

miyu001
 
うん、特に書くことがないときには、これで漫画を作ってみよう。
使ってるうちに上達していけばいいな、と思っています。

↑このページのトップヘ