ねこバタ会議

スマホアプリ制作に関するブログです。

タグ:#スマホアプリ開発

長らくご無沙汰しておりましたが、本日ようやく新しいゲームが完成しました。

「Words & Magic」という、タイピングで戦うゲームです。
iOS向けにしか作っていませんが、Appleの審査を待ちながらAndroid用への移植を始めたいと思っております。

 写真 2014-09-22 13 33 46

タイミングが悪いことに、作成に手間取っている間にスクエア・エニックスからタイピングを題材にしたゲームが出てしまったので、非常にバツが悪い思いをしております…汗

気を取り直して、ゲームの説明に入りたいとも思います。続きを読む

Tap Nums! 楽しく電卓タイピング が、App Storeでも配信開始になりました。

01



Waiting for reviewになってから8日目でした。
In reviewになってからは1時間半くらいで承認されました。
複雑な機能は何もないから早かったのでしょうか…。

iOS6だとレイアウトが変になっています。
修正版はすでにWaiting for reviewなので、おそらく今週中にアップデートされるのではないかと思います。

実は一昨日、iOS用のプロジェクトを間違えて削除してしまって、画像以外はすべて一から作り直しました。
その顛末についてはまた今度書こうと思います。 

さて、続きです。
といってもほぼ連続で書いています。モチベーションが途切れると何もできなくなるタイプだからです。

[Cocos2d-x]10分でできるCocos Code IDEの導入手順[iOS][Android] 
で記載されている手順にしたがって進めていきます。

とその前にCocos2dを使用するためには、Pythonという言語を実行できる環境が必要らしいです。
Python公式ページからダウンロードして、セットアップします。
以下のページを参考にしました。
Pythonインストールと環境設定
C:\Python27にインストールされたので、環境設定でPATHを設定します。

Cocos2dの各種ファイルは公式 ダウンロードページからダウンロードできるとのことなので、見てみます。
 Download Cocos2d-x Cocos2d-html5 CocoStudio   Cocos2d-x


続きを読む

Tap Nums!はAndroidはJAVA、iOSにはObjective-Cでコードを書きました。

Objective-Cはかなり癖が強く最初のうちは記号等の使い方で何を意味しているのかわからず苦戦しましたが、慣れてくると案外使いやすいかも、と感じるようになりました。
逆にAndroid版は端末の種類が豊富すぎて、xmlでのレイアウトがどうしても端末により変わってしまい、今後のメンテナンス等が大変かも…という感じがします。
私はもともとweb関係のことしか知らないため(低スキルですが)、HTML5のviewport指定のような感じで端末の解像度を仮想的に指定できれば楽だなーと思ってしまうのですが、色々調べてみてもわからず…。

というわけで、今後のクロスプラットフォームでの開発を視野にいれて、フレームワークを使ってみることにしました。
フレームワークというのは、ある用途に適した機能をまとめたもので、自分で用意するのは大変だったり面倒だったりする機能を、簡単に使えるようになっているものですね(多分)。
一口にフレームワークと言っても大きなものから小さなものまで色々あるのですが、今回はゲーム制作に適したものということで選ぶことにします。
続きを読む

↑このページのトップヘ