ねこバタ会議

スマホアプリ制作に関するブログです。

タグ:#ロールプレイングゲーム

アプリについて高い評価をいただいて、恐縮しております。
今回多くの方にダウンロードしていただけたのも、まとめブログ様の力のおかげであり、自分自身の力によるものではないことを実感しております。
このような未熟なアプリに対し、多くの方にご意見をいただけるのは本当にありがたいことです。
皆様から頂いた評価やアドバイスを受けて、今後のアプリ作成の際にがんばって質を上げていかなくてはならないと、気を引き締めているところです。

なお、AppStore上のアプリがバージョンアップされたため、皆様からいただいたレビューは過去のバージョンへの評価ページに回り、ページには直接表示されない状態になっておりますが、いただいたレビューはすべて目を通しております。

アプリレビュー内や2ちゃんスレ内で上がっていた疑問点やバグ報告等について、この場を借りてご回答させていただきたいと思います。

装備を変更する際に、いちいちキャラクタ画面に戻るのが不便
ちょっとわかりづらいかもしれませんが、キャラクタ画面の下の方の装備やスキルをクリックすると、それぞれ直接変更できるようになっています。

間違えてタップしてしまうのでオート戦闘を非表示にしたい
次バージョンでクエスト中に表示・非表示を切り替えできるようになります。

オート戦闘の時の計算問題はなんの意味があるのかわからない
計算問題を解くことにより、コンボゲージが増加します。コンボゲージは持ち越すことができるので、普通に使用して戦闘を有利にする以外に、例えばボス前でためておいてボスに遭遇した時にコンボ発動させるなどの使い方が可能になります。
ただ、現在は計算問題になっていますが、今後は反射神経を使うようなものに変更するかもしれません。

オート戦闘が弱すぎて使いものにならないので改善してほしい
各ステージには目安となる推奨レベルが表示されていますが、たいていはそのレベルに達する前にクリアできると思います。
推奨レベルは、オートバトルで計算コンボも使用しないでクリアできるレベルを表示しています。
例えば
推奨レベルが10の場合は、パーティの平均レベルが10位になると安心してオートで画面を見ずにポケットの中で連打していてもクエストをクリアできる感じになります。
推奨レベルに達していない場合は、計算コンボを使用したり、こまめに帰還するなどしていただくのがいいと思います。

タイピングを先行入力できるようにしてほしい
次バージョンである程度ですが連続入力ができるようになります。

アプリ名はマイトアンドマジックから?
ファンタジーと言ったら剣と魔法!ということで、Sword & Magic のアナグラムです。ただ、Might & Magicも少しだけ意識しました。プレイしたのは1作目のみですが、屋外での3D迷路が新鮮でした。

雇えないキャラがいる
一応全員確認したのですが、雇うことができました。
雇えないのはどこかに不具合の条件があるかもしれないので、もし同じことが起きた方はご連絡いただけると助かりますm(__)m

前衛職を追加してほしい
確かに前衛がファイターで埋まってしまう傾向があるので、改善するためにも前衛でアタッカーみたいなクラスがあったほうがいいかもしれません。軽装戦士みたいなのとか忍者とか。クラスを追加するのはかなり大変なので、将来的に実装を検討したいと思います。

ロングボウが「ろんぐぼう」になっている
コメントでもご報告頂きましたが、完全なタイピングミスですm(__)m次バージョンに間に合わなかったので、その次のバージョンで修正されます。

フリック入力以外だとプレイできない、ローマ字入力だとプレイできない
現バージョンだと日本語モードはかなキーボードのみ対応となっております。英語モードの場合は英字キーボードが使用できます。
また、将来バージョンでローマ字入力への対応を検討しております。

広告非表示のアドオンを導入してほしい
勉強不足でアドオンの導入の仕方がわからないため、将来バージョンでの導入を行いたいと思います。

早く働け
スレには書いたのですが、完全な無職ではなく一応働いているのですが、諸事情によりニート状態です。
がんばってきちんと自活できるようになりたいと思いますm(__)m

長らくご無沙汰しておりましたが、本日ようやく新しいゲームが完成しました。

「Words & Magic」という、タイピングで戦うゲームです。
iOS向けにしか作っていませんが、Appleの審査を待ちながらAndroid用への移植を始めたいと思っております。

 写真 2014-09-22 13 33 46

タイミングが悪いことに、作成に手間取っている間にスクエア・エニックスからタイピングを題材にしたゲームが出てしまったので、非常にバツが悪い思いをしております…汗

気を取り直して、ゲームの説明に入りたいとも思います。続きを読む

↑このページのトップヘ