ねこバタ会議

スマホアプリ制作に関するブログです。

タグ:#Androidアプリ

Tap Nums!はAndroidはJAVA、iOSにはObjective-Cでコードを書きました。

Objective-Cはかなり癖が強く最初のうちは記号等の使い方で何を意味しているのかわからず苦戦しましたが、慣れてくると案外使いやすいかも、と感じるようになりました。
逆にAndroid版は端末の種類が豊富すぎて、xmlでのレイアウトがどうしても端末により変わってしまい、今後のメンテナンス等が大変かも…という感じがします。
私はもともとweb関係のことしか知らないため(低スキルですが)、HTML5のviewport指定のような感じで端末の解像度を仮想的に指定できれば楽だなーと思ってしまうのですが、色々調べてみてもわからず…。

というわけで、今後のクロスプラットフォームでの開発を視野にいれて、フレームワークを使ってみることにしました。
フレームワークというのは、ある用途に適した機能をまとめたもので、自分で用意するのは大変だったり面倒だったりする機能を、簡単に使えるようになっているものですね(多分)。
一口にフレームワークと言っても大きなものから小さなものまで色々あるのですが、今回はゲーム制作に適したものということで選ぶことにします。
続きを読む

↑このページのトップヘ